ニュース一覧

困った野鳥を追い出すには

はと

専門業者の手を借りる

鳩は平和の象徴として愛されている鳥です。その一方で、糞害などの被害を齎し、迷惑な存在にもなっています。街中の人が集まる所には、至る所でその姿が見られますが、大きな集団で行動しているため、被害も大きくなるのです。また、マンションのベランダや家の軒下に巣を作るケースも増えています。しかし、困った存在だからと言って、おいそれと駆除はできません。鳩は、鳥獣保護法の対象となっているので、勝手に殺すことは認められていないのです。鳩の被害が甚大で駆除以外に方法がないと考えられる場合は、自治体の窓口に申し出て、それなりの手続きを踏む必要があります。ただ、このやり方は調査に時間が掛かる上に、最終的に許可が降りない可能性があります。鳩を駆除するためには、殺処分以外の方法をを取ることが賢明です。そのためには、駆除の専門業者に相談することが一番です。専門業者は、法律に従って鳩を傷つけることなく追い払ってくれます。防鳥ネットや自然成分の忌避剤などを使って、効率的に鳩を駆除します。ただ、鳩という鳥は、縄張り意識も強く、1度追い払っても、再び営巣しに戻って来ることがあります。駆除業者に依頼する場合は、その点の対策についても相談できる所を選ぶことです。1度の対策で鳩がいなくなっても、いつの間にか同じ個体が戻って来るということが多々あります。専門業者に依頼する時は、アフターサービスがしっかりしているかどうかも調べておくことが大事です。