ニュース一覧

グッズの特徴

ハト

飛来を防止する役割

ハトは温厚な性格で人にも良くなじみ、街中でもよく見かける身近な鳥です。その一方で人の生活のすぐそばで生息しているため、食害やフン害といった被害を起こしやすい存在でもあります。特に都市部では天敵となる猛禽類やキツネなどに襲われる心配がないため、爆発的に数が増えて大きな問題となっています。野生のハトは居心地がいい場所に対して執着する特徴があり、一度巣を作られてしまうと脅かすくらいでは撃退できません。かといって鳥獣保護法によって、無暗にハトを傷つける事は出来ず、罠を用いた捕獲は出来ません。そのため市販されている撃退グッズは、基本的にハトの飛来を防ぐ事に特化しています。ハトの撃退に最もよく使われているのが、防鳥ネットです。主に合成繊維で出来た丈夫なネットで、飛んできたハトの羽が引っかかる事によってネット内部への侵入を防ぎます。ネットという物理的な障害によって撃退するので、予防にはもちろんすでに被害が発生しているケースでも有効です。巣はないが手すりなどにハトがとまっている、という場合には防鳥ワイヤーも効果的です。こちらはテグスやワイヤーを一定の高さに張る事で、足場となるスペースを少なくする、或は不快感を与えてとまれなくして撃退します。ワイヤーの位置や高さ、本数などに工夫が必要ですが、ネットに比べて目立ちにくいので景色の邪魔をしないという利点があります。ハトの被害が殆ど発生していない状態であれば、忌避剤による撃退も効果があります。これはハトが嫌がる成分が入った薬剤を設置したり、スプレーで塗布する事で撃退するものです。施行が簡単であり、見た目に大きな変化がないので予防的な使い方にも適した方法です。